関西住宅販売の住宅でエコな生活


新エネルギーが注目されています。
石油や石炭、木材を使わずに恒久的にエネルギーを確保できる
太陽エネルギーが21世紀のトレンドになりつつあります。

2009年頃から注目され始めたのが、オール電化の住宅です。
発電した電気を電力会社が買い取ってくれる仕組みにより、
多くの一般家屋の屋根にソーラーパネルが設置されました。
太陽の光を浴びている間に発電し、発電した分はそのまま使い、
余った分は電力会社に売ります。
もしくは、余った分は蓄電池に貯蓄します。
IHクッキングヒーターや給湯器も電気で動くようにして、
家中の家電製品を太陽のエネルギーだけで
賄うことが出来るようになりました。

関西住宅販売の住宅もオール電化に注目しています。
そして、関西住宅販売の特徴として、
発電量と使用量の視覚化を図っています。
毎日どれだけ発電してどれくらい使ったかを室内の専用モニター、
もしくはテレビ、パソコン、スマホ、
タブレットから随時確認できるようにしています。
これにより、居住者は節電について意識を持つことが出来るようになります。
発電量が少ない時は、電気の使用をなるべく控えることで、
無駄を無くすことが出来るのです。
逆に余っている時は贅沢が出来るかもしれませんね。
お昼の間にお風呂のお湯を沸かしておいた方がいいかもしれません。
もちろん、関西住宅販売の住宅でオール電化にこだわらず、
ガスとW併用しても良さそうです。

関西住宅販売の住宅に住んで、エコな生活を実現しませんか。